姫路UFO1976light

◇1976年、兵庫県姫路市に於、小学生によりUFOが目撃&撮影された事件の簡易レポート

【概要】
   随分まえのこと(1976年)になるが,当時勤めていたカメラ店で偶然にも
  顧客の撮影したUFO写真を入手し,そのフィルムと撮影状況などを調査した。

【目撃状況】
  ・日時:1976年8月(日付、時刻不明)
  ・目撃者:小学生(5年)3名
  ・現場住所:兵庫県姫路市飾磨区城南町
  ・天候:うす曇り
  ・発見時の状況:ふと空を見るとジグザグに動くものが・・鳥にしては変だと
          思って手に持っていたカメラで撮影した
  ・目撃継続時間:1分足らず
          UFOは点から点に移動,最後は消滅したように見えなくなった
  ・フィルムの検証:トリックの可能性は極めて少ない
           4コマの連続写真であり,ルーペで検査したところ極めて小さ
           い像であるが,視角変化による形状の変化がみられる
  ・現場の状況:自宅のアパート前の路上で目撃した。他の大人などの同時目撃者はなし
  ・写真&目撃の確実性:撮影者の両親に確認,現場での聞き込みと目撃者3人での撮影状況の再現を行い、虚偽の可能性はないと確信した

1998/01/28


撮影現場の状況
撮影場所のアパートとひだか建設の位置関係
※赤茶色の屋根が二棟、ここが撮影場所のアパート(新宅荘)。ひだか建設には水タンクがあり分かり易い。

 

第二回目の撮影があったアパート北側
アパート北側の路上から北の方角を見たところ。

ひだか建設の白い壁と手前の民家の屋根の重なり具合でカメラの位置を正確に求めることが出来る。ただし,現場においてであるが・・

※上の写真はUFOを撮影したカメラと同じ焦点距離(40ミリ)のカメラを

使っている。従って写真プリント上で「ひだか建設」の横幅を定規で測定し,

それとUFOが写っている写真と比較計算することで,正確な位置が求まる。

それが下記の写真にあるポイントだ。

 

第二回目の撮影ポイントが求まった
アパート北側の道路

赤いヘルメットの置いてある位置が二回目に最後の4コマ目を撮影したポイント。

奥はT井君が当時住んでいたアパート

※子供が道路に出て撮影したと言う証言どうりの位置が求まった。

最後の写真(4枚目)を撮った位置。これは屋根の重なりから角度を、距離はプリントした「ひだか建設」の大きさから割り出したもので、決定的な証拠となる。つまり、日中の道路上では人目につき、吊るしなどのトリック撮影は不可能である。吊るしで連続4コマ、一枚の失敗も無く撮影することはプロでも不可能。練習すれば、あるいは可能だろうが、沢山の失敗写真が残り、他人の好奇の目に曝される。よって現実には無理である。

 

撮影に使用されたカメラ(メーカーホームページより)

撮影者の紹介

当時,小学5年生だったT井君。

手に持っているのはUFOの

撮影に使用したカメラ(ミノルタ

ハイマチックE)

 これは,父親のカメラであるが,夏休みはこれで遊んでいたそうだ。目撃・撮影共に友人二名も加わっており,カメラを奪い合って撮影したそうである。したがって,第二回目の撮影は途中で撮影者が交代している。

 

第二回目の撮影(1976/8)

上から順に1コマ目~4コマ撮影   最初の一コマ目はカメラぶれしている

※拡大写真のほうはネガフィルムをリバーサルで複写したのでネガ像になっている。第二回目はアパート前の路上から見て東~北方向にUFOが飛んでいる。

※最初のコマは僅かに手ぶれしている。


写真の分析


【分析】
   ネガフィルムを借りることができたので,このフィルムを分析することで
  真実かトリックか,判断できると考えた。幸い同じカメラ(ミノルタH-E)が
  手元にあるので,撮影現場(私の自宅から2Kmほどである)にて同じアルグルで
  撮影したところ,UFOの写っている写真と殆ど同じものが得られた。また,この
  ことは目撃時の状況説明を裏付けることになる。当然トリックの可能性も考えて
  張り付け法、ぶら下げ法、二重写し、放り投げ法について検討してみたが、まず
  現場が路上でありガラス張り付け法はムリ,放り投げでは4コマの連続写真を
  つくることは殆ど不可能である,二重写しはカメラの構造上極めて難しい。残るは
  ぶら下げであるが,実験してみたところUFOの模型をぶら下げたテグスが
  フィルムに写ってしまう。というわけで子供に簡単にできるトリックは否定された
  ※この時代、ガラスに貼り付けて撮る方法が大流行であった。大きな窓があれば
   比較的簡単にトリックが出来る。だが路上で大きなガラスを移動させながら撮ることは
   大人数人でも難しい作業である。ガラスの重さ、割れやすさを考えると理解してもらえる
   だろう。では、小さなガラス板ではどうだろうか?カメラに詳しい方はご存知であろう。
   被写界深度・・遠景の建物にピントを合わせると、目の前に貼り付けた紙UFOに
   ピントが合わない。


  ※カメラのピントは無限大付近に合っていたと思われ,遠景とUFO共にピントが
   きちっと合っている
  ※カメラはプログラムオートだけで自分で露出操作できるものではない
   曇り空をバックに写しているので,UFOはシルエット状になっている
   カメラレンズ:40mmF1.7  フィルム:フジカラーFⅡ
  ※フィルム(20枚撮り)には他のスナップなども写っおり最後は運動会で
   終わっている。(少なくても数ヵ月をかけて写されたものといえる)
  ※ネガ上で0.4mmの大きさにUFOが写っている(FilmNo7)。他の3コマは
    0.2mm 足らずである(月を50mmレンズで撮るとネガ上で0.5mm になる)

 

これはフィルムのベタ焼き・・UFOが最初から連続して写されているのが分かる

 
※1枚目~3枚目までが、7月にアパートの西側に出現したUFOを撮ったもの。
4~7枚目までの連続4コマが8月に撮ったもの。ベタ焼きを見れば撮影・証言に偽りが無いことが分かる。


◆姫路UFO1976写真分析の結果◆

1997/01/15


第二回撮影(UFOの大きさを5メートルと仮定すれば)

  方位角  高度角 視直径(分) 距離m  高度m 水平距離m その他
No1 100度 23度 13' 1300 510 1200 カメラぶれ
No2 95 32 18' 950 500 810  
No3 130 35 15' 1100 630 900  
No4 30 23 40' 420 160 390  

 

※方位角はコンパスと同じく北を0度として東回り。高度角は仰角と同意
※UFOの大きさを5mと仮定して距離を算出
※No4のUFOはネガフィルム上で約0.41ミリ
※これらは実測ではなく写真上で測定したものでNo1写真の屋根の
  高さは約15度である。これを基準にして測定した。
※この分析数値は誤差を含んでいる。


※カメラは「ミノルタH-E」でf40mm,F1.7レンズ,P-AUTO専用
※視直径とは見掛けの大きさを角度で表わしたもので、実際の大きさが判れば
  距離が算出でき、反対に距離が判明すれば、実際の大きさが判る。

◆20年後も一部を除いて,アパート周りの住宅に変わりはなく
再度,コンパスと定規で簡単な実測をした。その結果
No1~No3写真の基準点(家の三角屋根)は方位95°高度角14° であった。

簡易地図から求めた方位と大きな差はなかった。

 ピントの確認。大半のUFO写真はピントがあまいが、この画像はとてもシャープ・・無限大に合っている。

第二回目の最後のコマを拡大したものである。下の太い線は電線である。

UFOをぶら下げている糸などは確認できない・・本物である可能性が極めて高いといえる。

仮 に電線の太さを2センチと仮定し其の真上にUFO模型を吊るした場合,UFO模型の大きさは10センチ足らずになる。もっとも電線の高さを考えるとたとえ 10cmの模型でも吊るすことは不可能だ。では,もっとカメラに近い位置では・・それでは模型とバックの建物の両方にピントが合わなくなる。

 

 

ピントの確認

第一回目の撮影(小さい黒点がUFOです。黒い部分は建物の影)

2コマ目の写真を部分拡大してボケ具合をみる。  

特殊なレンズでネガを30倍拡大している。通常、写真用ルーペは15倍程度が最高である事を考えれば、顕微鏡でネガを見ているのと同じである。

上から順番に遠距離→中距離→近距離である。

この三枚の写真からカメラのピントが遠距離に合っているのが分かる。

三枚目のアパートの渡り廊下の下にある背の低い植木はピンボケになっているのが良く分かる。もし,近距離にボタンなどを吊るしたら大きくボケることだろう。

これは第二回目の撮影である。カメラのピント位置を確認する為に2コマ目の写真を部分拡大している

近距離の電柱よりも道路の向うにあるガレージの方がはっきり写っているのが分かる。複写によってピントが甘くなっているが,原版では電話番号36-4433が読める。


UFO事件の結果&考察


フィルムに写ったのは何か

未知の何かが空を飛んでいたのは間違いない

UFOの撮影に使用されたカメラは,焦点距離40ミリのプログラム式AE
カメラですが,レンズは4群6枚のガウスタイプ・距離連動式のかなり高性能
なものです(おかげで30倍の拡大にも耐えてくれます)。UFOが一番大き
く写っている4コマ目はネガ上で約0.41ミリです。
角度にして30分ちょいですね。ここで仮にUFOの大きさを10メートルと
した場合,UFOまでの直線距離は約1000メートルになります。UFOが
1メートルの大きさだったら,距離は100メートルです。UFOのバックの
雲の種類は層積雲だと思います。そうすれば,雲の高さは2000メートル以
下になるので,大雑把ですがUFOの高度は500メートルくらいと推定した
のです。

UFOは道路幅が5メートル弱の路上で撮られています。何度も言いますが建
物の重なりから,ここしかありません。15年ほど前になりますが,トリック
看破の専門家?である熊本の赤岩氏と論争をしたときに,写真のピントが深い

ので,ガラスを使用した方法ではなく吊るしによるトリックだろうと言って,
ご自分で作られた紙製のUFOとエナメル線を送って来られました。それで私
に撮影をして確認して欲しいとのことでした(赤岩氏はとってもフェアーです)。
紙製UFOの大きさは3センチ・エナメル線の太さは忘れましたが,それで
横に張ってA氏に指示された3メートルの距離から,やはり40ミリレンズで
同じような薄曇りの空バック・角度で撮りました。それが吊るしの確認でした。
私自身は撮影現場を見たときから,吊るしなどの簡単なトリックは不可能と
みておりました。仮に10センチの模型を使えば距離10メートルに置かなけ
ればならず,空中での支持が不可能になります。投げるにしても,どうやって
と言いたくなります。しかも,最初の3コマは視直径が20分足らずで,
もっと仰角が高いものもあり,どうやったらトリックで作れるのか教えて
欲しいですね。残るは二重露出ですが,夜間ではなく昼間の撮影ですから
これも無理(発光しているUFOなら可能ですが)。
※焦点距離40ミリの被写界深度は,F11で距離を7メートルに合わせると,
3m~無限です。(Minolta H-Eはこれ以上絞れません)

では,写真に写っている物は何?
ラジコンUFO?,UFO凧か?いやいや筒井少年の証言では「上下,左右に
活発な動きをして,時々見えなくなり,また現れる。そして最後は消えてし
まった」。そして,すでに社会人となったT君の「あれが何かは知らない,
だけど空を飛んでいた物を撮ったのは間違いない」という言葉で締めくくります。

1997/02/28 ひめてん  

※MISTYの自己発言から引用